税務申告などの業務は顧問税理士への依頼が便利

顧問税理士契約をしよう

ある程度の事業規模を持つ会社では、顧問税理士と契約をしていることがあります。経営者が行う税務申告などの業務を代理でき、財務や税に関する相談役としての役割も果たすため、契約すると多くの面で有利になります。

税務調査で気をつけたいことランキング

電卓とお金
no.1

調査初日における午前中の雑談

調査開始初日の調査官との会話では、会社の状況の説明の他、雑談を行います。この時調査官は、帳簿に記載されていない内容の聞き取りを行っています。

no.2

調査初日においてのお昼休み

税務調査の開始時間は、会社のお昼休みに相当する時間です。この時に昼食を出したとしても、調査官は昼食を取ることはなく、午後の調査の準備を行っています。

no.3

税務調査におけるお土産

時間を裂いて調査に来ているから、大阪名物などのお土産を渡したいと考えるかもしれません。しかし、この時にお土産を渡してしまうと、疑問の目を深めることになります。

税務申告などの業務は顧問税理士への依頼が便利

男女

税務調査の流れ

申告された税金の金額を正しく計算されているかを確認する指導が、税務調査です。開始前の1ヶ月前に税務署から連絡があり、都合の良い日を指定して調査日を決定します。調査は2日間行われ、初日の午前中は会社の状況報告、初日の午後と2日目の午前中に調査、午後に結果報告となります。

電卓

税務調査で用意しないといけない書類

税金や決算書類など、お金の流れに関係する書類を用意する必要があります。税務関係の申告書、給与所得関係の書類といったものを揃えておきます。日常業務においての資金の流れを把握できる総勘定元帳や契約書、議事録なども用意します。

女性

税理士に立ち会ってもらおう

税務調査の当日は、会社の関係者は必ず立ち会う必要があります。主に会社の状態を説明するためですが、経営者本人以外の人間でも可能です。税務の専門家である税理士が代わりに行うことで、帳簿や会計処理などの説明もスムーズに対応できます。

大阪の税理士と顧問契約をしている企業の声

説明

優秀な税理士が多い街

大阪にはとても優秀な税理士さんがたくさんいらっしゃいます。税に関する知識量はもちろんのこと、仕事のスピードが早いです。さらに正確な仕事をしてくれるので安心感があります。

全面的なサポートをお願いしました

大阪で事業を立ち上げる際に会計の問題が心配になりましたので、大阪の税理士に相談をしました。その際に説得力のあるアドバイスを頂いた為、全面的なサポートをお願いしました。おかげで事業のスタートが順調に進み、会計面の不安が無くなりました。今後も事業を拡大するつもりですので、大阪の税理士への相談は欠かせないと思いました。