自己破産で借金問題を解決!弁護士に相談をしよう

自己破産で借金問題を解決!弁護士に相談をしよう

電卓を操作する人

自己破産をしたらどうなるの?

自己破産とは裁判所を通して借金の返済義務を免除してもらう手続きです。全ての債務の支払い義務が免除される一方、知っておくべきデメリットもあります。まず、個人信用情報機関のブラックリストに名前が登録されるので、約5~7年間はクレジットカードを利用出来ません。また、期間中は新しく借金やローンを組めなくなります。その他、資産と見なされるものが没収される、一部の職に就けなくなる等、家族に迷惑をかけることを理解しておきましょう。

裁判所

自己破産の相談先について

自己破産を検討する際、相談先としては弁護士事務所が良いでしょう。個別にサポートしてもらえ、一般人には難しい手続きを代わりにしてもらうことが出来ます。他の相談先としては司法書士事務所、行政書士事務所があります。自己破産全般の代理人にはなりませんが書類の作成等を代わりにしてもらえます。

ウーマン

自己破産の手続きの流れ

自己破産をするにあたり、まずは自己破産申立書類を作成し、破産の原因の証明等を行います。費用は各自治体で異なりますが、概ね2万~3万円になります。書類の準備が整ったら裁判所に行き、手続きを開始します。破産審問では債務者の審問、債権者からの意見聴取書をもとに、自己破産が相当と裁判所が判断した場合は同時廃止が決定します。

個人再生と自己破産の違い

個人再生とは

個人再生とは借金を整理して負担を軽くする手続きの総称です。概ね、債務が5分の1に減額され、長期に渡って、分割して支払いをすることになります。

自己破産とは

自己破産は個人再生とは異なり、全ての債務の支払い義務が免除されることがメリットとして挙げられます。ただし、自己破産は個人再生よりも厳しい条件を満たさなければ行うことが出来ません。